読書嫌いな女性起業家が読書女子になった3分でわかる読書記録ノート

経営者、社長が経営がうまくいく経営バイブル本のダイジェスト版でご紹介

言葉で自分の人生が変わるオリジナルアファメーション(呪文)を作る8つの方法

言葉で自分の人生が変わるオリジナルアファメーションを作る9つの方法を201冊以上の著者で認知科学者(機能脳科学、計算言語学認知心理学分析哲学)でもある苫米地英人先生の「言葉」があなたの人生を決めるで教えていただきました。

 

あのマザーテレサもこのような名言をおっしゃっています

f:id:okmari:20160801120624j:plain

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから

 

ルー・タイスさんは、米国自己啓発界・能力開発の世界的権威、さらに"コーチングの創始者"と言われています。

 

ルー・タイスさんもこのような名言をおっしゃっています。

私たちは自分が考えるものに向かい

自分が考える人物になる 

 

苫米地英人先生は、ルー・タイス著のアファメーションを翻訳されて、その本をわかりやすく書いたのがこの「言葉」があなたの人生を決めるの本となります。

「言葉」があなたの人生を決める

「言葉」があなたの人生を決める

 

 

この本では、誰にでも持っているスコトーマを無くすために、毎日自分に対して自分がかわる言葉、オリジナルアファメーションを作りましょう!

そして、言葉のシャワーを自分自身に毎日浴びせましょう!!と伝えています。

 

スコトーマとは、盲点のことです。

考え方の違いによって、本当ならなら見えるモノや何かを見えにくくしてしまうことなのですが、今の信条、考えである自分のブリーフシステム。

それは、自分の過去の経験や体験で出来ていて、それによって出来たスコトーマのせいで可能性を潰してしまっているというのです。

 

わかりやすい私の小さなスコトーマ経験をお伝えしましょう!

 

すっごく慌てている時に、知り合いに連絡にとらなくちゃいけない!

うわー、どうしよう!!

どうしよう!!!

と手に携帯電話を持ちながら、知り合いに連絡をしなくちゃ!と携帯電話を探している自分がいました。

自分の手に携帯を持っているというのは私にとっては自分のスコトーマで盲点だったということです。

 

 

 言葉は、アファメーションは、現状の「自分自身はこういう人間だという信念体系、ブリーフシステム」を壊す事が出来ます。

そして、新しい自分のイメージとブリーフシステムを獲得するために自分の未来のなりたい姿、ビジョンのためのオリジナルアファメーションが必要と言うのです。

 

その自分の人生が変わるマイオリジナルアファメーションを作るコツをお伝えします。

 

1.個人的なもの

2.肯定的なもの

3.達成している、現在進行形のもの

4.他の人には言わない。秘密にする

5.リアルなもの

6.比較をするような言葉を使わない。

7.「動」を表す言葉。情動を表す言葉を入れる

8.見返してよりバージョンアップしていく

 

これを意識してマイオリジナルアファメーションを手帳に書いて、何時も見たりつぶやくことで

I(mage)想像力X V(ivid)臨場感 =R(eal)現実

自分の人生を変えていくことがデキるということなのです。

 

関西人ぽく言えば、「ただやねんからやってみなはれ!」ですね。

私も今から手帳にマイオリジナルアファメーションを作ってみようと思います。

 

これを書いている人:そーしゃるうぇぶ女王@おけまり

女性経営者として、女性として、必要な本を1日1冊読み、3分でわかるようにブログを書いています。

そしてその本が20倍理解できる講座も随時開始しています。あなたの街でも講座開催させていただきますので、お気軽にお連絡下さい。

セレブママ社長と貧乏ママ社長メルマガでは、読んだ本の中から特にオススメの本を抜粋し、ノウハウを伝えています。

セレブママ社長と貧乏ママ社長の購読申し込みはこちら

夢は、自分らしく働きながらマザーテレサのような愛を育てる頑張らないママ経営者のスタイルを全国に伝える事。
地方のママ起業家サポートを通じ、日本に1日1食食べたくても食べる事ができない家庭をなくすこと。
趣味は飛行機に乗ったり、空港を探検したり、地方のグルメブックでは紹介していないような穴場のお店を見つけて日本の素晴らしさを紹介をすること。
セミナー講師のご依頼、ご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。地方や、商工会議所のご依頼は特に喜んでお引き受けさせていただきます。