読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書量と年収は比例する-幸せな金持ち社長と切羽詰まった貧乏社長-

経営者、社長が経営がうまくいく経営バイブル本のダイジェスト版でご紹介

NOLTY(ノルティー)、能率手帳の流儀と使い方は目的をはっきりさせて手帳を選び、カスタマイズすることだった

手帳で人生を変える

NOLTY(ノルティー)、能率手帳の流儀と使い方は目的をはっきりさせて手帳を選び、カスタマイズすることだったのです。

 

私は「能率手帳」という方が耳馴染みが良いのですが、現在はNOLTY(ノルティー)シリーズとなっているようです。

このノルティーシリーズを発行しているのが日本能率協会マネジメントセンターさん。

 その手帳のプロが活用法を伝授してくれる手帳活用雨術の本がありました。

手帳活用パーフェクトBOOK

手帳活用パーフェクトBOOK

 

 そこでは「自分が何のために手帳を使い、その夢や目標を実現させたいか明確にする」事が大切だとおっしゃっています。

そして、その明確にした夢や目標を実現するために様々な手帳のバリエーションがあるからそこから選びましょう!

ということでした。

 

実際に手帳でどういう目的を持って使うかという実例を上げてみます。

  • 業務日誌手帳
  • 自己啓発手帳
  • 就職活動(就活)手帳、転職手帳
  • ダイエット手帳
  • 婚活手帳
  • マネー管理手帳
  • イデア発想手帳
  • シニアライフ手帳 
  • 子育て、育児手帳
  • 料理レシピ手帳
  • 自分史手帳

などなど。

私が思うに、自宅でメインに書くような自分史手帳や料理レシピは大きめの手帳のほうが自由にかけるし、多少分厚くてもいいと思います。

 写真も貼るときに大きい方が便利です。

 

私のようなオフィスワーカー、キャリアウーマン、サラリーマンで通常鞄の中に入れておき、必要なときに出すというタイプの人は、

女性は特に持ち歩く鞄の大きさによっても手帳サイズは変わると思います。

また重いタイプのものは肩こりや腰痛の原因となるので、過去の私の経験から言うとあまりおすすめではありません。

 

この手帳活用パーフェクトBOOKで参考になった手帳のアイデアを幾つか紹介すると

 

・簡単にすぐに書けるように!また人から見られても大丈夫なように記号化、暗号化しておく

・感情は気分を顔イラストで表現して記録をとる

・フセンはアイデアを書くものや、すぐに重要じゃなくなるような(例えば買い物リストなど)ものをフセンで書く。

・香りのデコレーション

 

本当に最近はアイデア文房具が増えて、手帳を自分流に使いやすくカスタマイズしやすくなりました。

最近の文房具でこれ、結構気になっていたのですが、自分で作れるという事もわかって今度折り紙で作ってみようと思っているのがこれです!

どうしても手帳の栞が少ないと使いづらい!とおっしゃる方にはおすすめです。 

 

いつも、毎年「来年の手帳はもっと使いやすい手帳を買うぞ!」

「今年の手帳はやっぱり、予定を書き込むだけになってしまったな」

「今年も中身が真っ白。使わなかったな」

なんて人にはぜひ2017年の手帳チョイスするときに、

なぜこの手帳が使いこなせなかったんだろう?を考える事。

 

「自分が何のために手帳を使い、その夢や目標を実現させたいか明確にする」を考えて、次回購入するときにより手帳を探すとより自分にピッタリの手帳を購入することが出来るはずです。

 

これを書いている人:そーしゃるうぇぶ女王@おけまり

女性経営者として、女性として、必要な本を1日1冊読み、3分でわかるようにブログを書いています。

そしてその本が20倍理解できる講座も随時開始しています。あなたの街でも講座開催させていただきますので、お気軽にお連絡下さい。

セレブママ社長と貧乏ママ社長メルマガでは、読んだ本の中から特にオススメの本を抜粋し、ノウハウを伝えています。

セレブママ社長と貧乏ママ社長の購読申し込みはこちら

夢は、自分らしく働きながらマザーテレサのような愛を育てる頑張らないママ経営者のスタイルを全国に伝える事。
地方のママ起業家サポートを通じ、日本に1日1食食べたくても食べる事ができない家庭をなくすこと。
趣味は飛行機に乗ったり、空港を探検したり、地方のグルメブックでは紹介していないような穴場のお店を見つけて日本の素晴らしさを紹介をすること。
セミナー講師のご依頼、ご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。地方や、商工会議所のご依頼は特に喜んでお引き受けさせていただきます。