読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書量と年収は比例する-幸せな金持ち社長と切羽詰まった貧乏社長-

経営者、社長が経営がうまくいく経営バイブル本のダイジェスト版でご紹介

ノーと言えないお人好しすぎる自己犠牲型の人が成功するための3つのこと

引き寄せの法則

ノーと言えないお人好しすぎる自己犠牲型の人が成功するための3つのこと-セレブママ社長と貧乏ママ社長-ありのままだからすべてはうまくいく-

 

情けは人のためにあらず

これは人に情けをかけたらダメだよという意味じゃなくて。

人に情けをかけるのは、その人のためになるばかりでなく、やがてはめぐりめぐって自分に返ってくるから、人には親切にしようよ。

 

という教えのことです。

 

ただ、これをやり過ぎている人がいるんじゃないかな?って思うことがあるの。

まぁ、昔の私だね。筆頭に(笑

f:id:okmari:20160624175056j:plain

 

お前はお人好しすぎる!

 私の家は、単身赴任の家だったの。ずっと。

月に1回2回帰ってくるぐらい。

父は家に帰ってくる度に「近所へ焼き鳥食べに行こう!」と言うの。

その時はわからなかったけど、どうやら家で飲むビールよりお店で飲む生ビールがすこぶる美味しいらしい。

 

母はちゃんとおうちのごはんを作っているから、そう言われても気分はいいわけはない。

だから行く気が起こらず断ります。

 

そうなると矛先は私に向くの。

「これで私が断ったら、父の機嫌が悪くなる。お家にいたいけど、ここは行きたいフリをしなくちゃいけないよね」とノーと言えず焼き鳥を食べに行くワタシ。

 

こういうことが重なると、少しずつなんかしんどくなるのです。

何がしんどいかつい最近までわからなかったけど。

今はわかるの。

 

これが自己犠牲なんだって。

自分さえガマンすれば・・・という気持ち。

 

自己犠牲型のGIVEだからしんどかったんだ。

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

 

 

GIVE & TAKE には人間には3つのタイプがあると言われています。

1.Giver ・・・人に惜しみなく与える人

2.Taker・・・真っ先に自分の利益を優先させる人

3. Macher・・・損得のバランスを考える人

 

 

GIVE & TAKE に載っている図が分かりやすかったので紹介します。

f:id:okmari:20160624141027p:plain

 

 私の場合、自分さえガマンすれば、周りが幸せになる。

我慢しなくちゃ。

我慢しなくちゃ。

もっと我慢して、我慢して、周りの人のお役にたたないと!!!

 

って思ってたの。

そう。「自己利益への関心」は求めてはいけない!!って。

 

だから、自分のガマン箱がいっぱいになるまで我慢して、我慢して、溢れてきたら急に何もかも嫌になる

 

この自己犠牲的なギバーは自己中心的なTakerに目をつけられると「いいように使われてしまう」ようになってしまうわけ。

 

だから、他社志向の成功するGiverになるためには下記の3つが大切なの。

 

1.臆病になりすぎない

 

2.すべての人を信用し過ぎない。自己中心的なギバーもいるということを憶えておくこと。

これって、フェイスブックの投稿でTakerかどうかをある程度見分けることが出来るというところはすごく興味深かったです。

 

3.相手に共感しすぎない。相手がどう考えているかを推察する癖をつける

その人がなぜそういう行動をするのか?を推察する癖をつけていると、相手がテイカーかどうかがわかるようになるということなんです。

 

本当のにこの本はフォーチュン誌で読むべきベスト・ビジネス書に選ばれただけあって、書きたいことはたくさんあるんだけど。

 

そのいっぱいのなかでも

特に心に響いた一言を心に刻んでおきたいとおもいました。

「うまくいかない時は自分が責任を負い、うまくいっているときは他の人を褒める」

 

オリンピック選手、スポーツ選手が金メダル、銀メダル、銅メダル、表彰台に乗った時のコメントはほとんどの方が「応援してくれてみんなのお陰です」と周りに感謝をしているの。

絶対に一番自分が頑張っているのに。

 

そういう風にいうから、周りはその人達をもっともっと応援したくなるんだよね。

ママ社長、女性起業家で1人で頑張っていると

私、頑張っているもん!!!

っていいたくなるけど。

 

そんなときほど

周りの家族、親、兄弟、旦那様、彼の見えない応援の力に感謝をし「ありがとう」って伝えるこの感謝の力を常に持ち続けていないな、って思いました。

 

 

これを書いている人:そーしゃるうぇぶ女王@おけまり

女性経営者として、女性として、必要な本を1日1冊読み、3分でわかるようにブログを書いています。

そしてその本が20倍理解できる講座も随時開始しています。あなたの街でも講座開催させていただきますので、お気軽にお連絡下さい。

セレブママ社長と貧乏ママ社長メルマガでは、読んだ本の中から特にオススメの本を抜粋し、ノウハウを伝えています。

セレブママ社長と貧乏ママ社長の購読申し込みはこちら

夢は、自分らしく働きながらマザーテレサのような愛を育てる頑張らないママ経営者のスタイルを全国に伝える事。
地方のママ起業家サポートを通じ、日本に1日1食食べたくても食べる事ができない家庭をなくすこと。
趣味は飛行機に乗ったり、空港を探検したり、地方のグルメブックでは紹介していないようなち穴場のお店を見つけて日本の素晴らしさを紹介をすること。
セミナー講師のご依頼、ご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。地方や、商工会議所のご依頼は特に喜んでお引き受けさせていただきます。