読書嫌いな女性起業家が読書女子になった3分でわかる読書記録ノート

経営者、社長が経営がうまくいく経営バイブル本のダイジェスト版でご紹介

中小企業の下請けいじめを自社が我慢すれば会社が全てうまく行くと思っている社長は

中小企業の下請けいじめを自社が我慢すれば会社が全てうまく行くと思っている社長、経営者は本当に辛い毎日を送っていると思います。

 

私のメインの仕事は小売業。ネットショップ運営です。

モノを仕入れさせてくれるところがあってこそ、私の会社はそのモノが必要なお客様へ販売できます。

ですので、仕入れ会社は私にとってとっても大切な存在なのですが、その仕入れ会社が急に仕入れストップを伝えてきた時がありました。

会社の存続も諦めよう、お店を畳もうと思ったほど苦しかった。

f:id:okmari:20160819165116j:plain

 

ですが、その時があったので、

実は自社は他の仕入先を探したり。

他の生き延びる道を考えたり。

あの時にそういうことがなければ、今がないと感じています。

 

7つの習慣で言う「no deal」を選択をし、他の方法を考えたという訳です

 

もし、中小企業の経営者で下請けいじめを感じているのであれば、もしかしたらまんがでわかる7つの習慣3 第3の習慣/第4の習慣/第5の習慣 (まんがでわかるシリーズ)の「相手も勝って自分も勝つ」という考え方が、中小企業経営を存続させるヒントになるかもしれません。

まんがでわかる7つの習慣3 第3の習慣/第4の習慣/第5の習慣 (まんがでわかるシリーズ)

まんがでわかる7つの習慣3 第3の習慣/第4の習慣/第5の習慣 (まんがでわかるシリーズ)

 

中小企業の自社だけが我慢をすることですべてがうまくいくと信じ、きつい納期や、しんどい掛け率で引受けてしまう。

これは7つの習慣で言うと「lose-win」となり、良い関係は気づけないと7つの習慣を書いたフランクリン・コヴィー先生はおっしゃいます。

 

お互いに良い条件でなければ、「no deal」という方法の選択もありだよ。と。

「no deal」というのはその話をまずは白紙にするという意味合いでしょうか?

 

これは人間関係でも同じです。

お互いに良い条件でなかったら、まずは白紙に、スタートに戻す。

その選択がある。

これを中小企業経営者は知って欲しいです。

 

これを書いている人:そーしゃるうぇぶ女王@おけまり

女性経営者として、女性として、必要な本を1日1冊読み、3分でわかるようにブログを書いています。

そしてその本が20倍理解できる講座も随時開始しています。あなたの街でも講座開催させていただきますので、お気軽にお連絡下さい。

セレブママ社長と貧乏ママ社長メルマガでは、読んだ本の中から特にオススメの本を抜粋し、ノウハウを伝えています。

セレブママ社長と貧乏ママ社長の購読申し込みはこちら

夢は、自分らしく働きながらマザーテレサのような愛を育てる頑張らないママ経営者のスタイルを全国に伝える事。
地方のママ起業家サポートを通じ、日本に1日1食食べたくても食べる事ができない家庭をなくすこと。
趣味は飛行機に乗ったり、空港を探検したり、地方のグルメブックでは紹介していないような穴場のお店を見つけて日本の素晴らしさを紹介をすること。
セミナー講師のご依頼、ご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。地方や、商工会議所のご依頼は特に喜んでお引き受けさせていただきます。