読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書嫌いな女性起業家が読書女子になった3分でわかる読書記録ノート

経営者、社長が経営がうまくいく経営バイブル本のダイジェスト版でご紹介

多くのITコンサルタントがおすすめする「ハイパワー・マーケティング」を本屋で探してみた

 多くのITコンサルタントがオススメのマーケティング本「ハイパワー・マーケティング」を読んでみよう!と思ったらもう廃盤。

古本で今でも売れ続けていますが、10,000円台になっている。

だからこそどうにかして手に入れることは出来ないかな?

と考えてふと私の書棚を見ると・・・

あるではありませんか!この本が!!

ハイパワー・マーケティング」は廃盤なので書店でも買うことはまず難しいと思います。中古本で探してあれば絶対に即買いの本です。

 

 

このハイパワー・マーケティングは多くのマーケティング手法を紹介してありました。

2005年の発売ですが今でも使える手法ばかりです。

 

 

たくさんある中でビジネスを大きくする方法

売上アップの3つの方法は覚えておかなくてはいけないでしょう。

 

1.クライアントの数を増やす

2.クライアントの平均販売額を増やす

3.クライアントの購入する頻度を増やす

 

そして「なぜクライアントはあなたからモノやサービスを購入しているの?」ここを明確に上記の3つを具体的に実行すれば掛け算で売上は上がります。

 

次にブレイクスルーの大切さも伝えています。

伝統的なものの味方ややり方を超えた時ブレイクスルーは生まれると断言しています。

 

 

その業界が非常識だと思っていることは何?

本当にそれは非常識?できないこと??

 

私は、セミナーで何時も伝えることがあります。

それは「昨日まで非常識だったことが今日は常識になることがある」ということです。

 

この常識という昔経験をした、業界特有の考え方にとらわれてブレイクスルーがなかなか出来ない人が少なくありません。

 

もし、このブレイクスルーの考え方を脱出したいならオススメのテレビ番組を1つ紹介しましょう。それはTBSのがっちりマンデー!!です。

この番組は簡単に言うとこのブレイクスルーをした人で一躍その業界で一歩抜きでた会社とそのアイデアをわかりやすく紹介してくれている番組です。

f:id:okmari:20160524130502p:plain

余談ですが、日曜日の朝ぐらいゆっくり寝かして。と言う方は

tver.jpというパソコンのサイトから見ることができますよ。

 

また著者のジェイ・エイブラハムはこうも言っています。

マーケティングの手法はいくつもありますが、すべてしたあとに検証をしましょう。

テスト・マーケティングをしましょうと。

徹底的にテスト・マーケティングしましょう、と。

 

そしてリスクを恐れるな。とも。

 

最後は自分を信じること。

その恐怖を超えてテストを繰り返したものだけがハイパワー・マーケッターになることが出来るという風に教えてくれました。

 

早速、私はハイパワー・マーケティングに書いてある自社の強みをさぐる50の質問や

紹介を得るための雛形をひとつずつ書き上げていこうと思います。

 

#1日1冊

#レゾナンスリーディング

ハイパワー・マーケティング

ハイパワー・マーケティング