読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書量と年収は比例する-幸せな金持ち社長と切羽詰まった貧乏社長-

経営者、社長が経営がうまくいく経営バイブル本のダイジェスト版でご紹介

激務の中で自分の時間が全く取れない「時間ストレス」を無くすヒントになる本「エッセンシャル思考」

時間管理

 激務の中で自分の時間が全く取れないというのを時間ストレスというそうです。

その時間ストレスを無くすヒントになる本「エッセンシャル思考」を紹介します。

 

これは7つの習慣の影響の輪にも似たような事が出てきていました。

自分として生きていますか?

という質問です。

 

私はまだまだ自分の人生を自分として生きていないな、と思いました。

 

 

もしかしたら

激務の中で時間が全く取れない人はなんでも出来る天才タイプだからやってしまうのかもしれません。

 

もしかしたら

すべてをちゃんとしよう!きちんとしよう!失敗してはダメだ!と思ってしまっているのかもしれません。

 

もしかしたら

あなたにとって本当に重要な事がわからなくなるぐらい自分でいられる自分の時間を持てていないのかもしれません。

 

 

エッセンシャル思考とはこの3つが大切だと言っています。

ひとつ目は「やると決断する」

ふたつ目は「大事なものはめったにないんだということを知っておく」

みっつ目は「なんでもできるけれど、全部やらないでおこう」

 

このひとつ目の「やると決断する」ということは

やることを決めるという事。そうすると迷わなくなるので他が気にならなくなります。

 

ふたつ目の「大事なものはめったにないんだということを知っておく」ということは

まじめな人ほど最初から最後までちゃんとしなくちゃ!という気持ちが出てくるけれど、1人で何でもかんでも抱え込まずにチームとしてやっていけるところは人に役割を与えることも大切なんだよ。

1人ですべての役割をしなくてもいいんだよ。

と教えてくれているかのようでした。

 

最後の3つ目はふたつ目にも繋がるかもしれないけれど

すべて自分で全部しなくてもいい。

ゼロベースで考えてみよう。

 

まわりに影響されない人生を送ろうよ。

もっと自分の人生をちゃんと生きようよ。

 

行きたくもないお誘いは断ってもいいんだよ。

それで離れる仲間は仲間じゃないから。

 

そんな風に私に伝えているかのようでした。

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする