読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書嫌いな女性起業家が読書女子になった3分でわかる読書記録ノート

経営者、社長が経営がうまくいく経営バイブル本のダイジェスト版でご紹介

掃除が苦手なズボラ女性社長が克服するためのそうじ力で運が良くなる

掃除が苦手なズボラ女性社長が克服するためのそうじ力で運が良くなる-セレブママ社長と貧乏ママ社長-ワガママ女性経営者がうまくいく秘密-

 

実は私は掃除が苦手

ママ社長を目指し、女性経営者になり、事務所を構えると掃除する場所が倍以上。

職場は、朝、スタッフと皆で掃除の時間を作り掃除をしているので出来るのですが、自宅のほうが後回しとなり、なかなか出来ない状況。

「汚部屋の私が、もしかして、綺麗なマンションだったら私も掃除に目覚めるかも!?」と思い、引っ越しまでしてしまったという経験の持ち主。

正直、昔よりか掃除をするようになりましたが、まだまだ・・・。

 

 

こんな風に楽しみながら掃除を出来るようになりたい!と思ったのは

f:id:okmari:20160615112455j:plain

 

私の尊敬する社長の1人。

イエローハット鍵山秀三郎さん。

彼は「日本を美しくする会」で掃除をすることの大切さを伝えています。

日本を美しくする会では、掃除という市民活動を通じ 環境美化に努める団体まで作っています。

 

ジェームススキナーさんを始め多くの著名な講師や本の著者をコンサルティングされている斉藤亮完先生も掃除の大切さを講座で伝えています。

 

やましたひでこさんは「断捨離」という言葉を登録商標を取り、新・片づけ術「断捨離」ということで掃除の大切さを伝えています。

 

巷では、掃除をすることで運がアップする!という本が多く出ています。

実際、世間で一般的に言う「お金持ち」と呼ばれる人たちの自宅のイメージは綺麗なお部屋というイメージが有ります。

 

掃除は大切なことはわかっているんだけど・・・

とどうしたら自宅の掃除を習慣化できるかな?と思い、手にとった本が3日で運がよくなる「そうじ力」です。

3日で運がよくなる「そうじ力」 (王様文庫)

3日で運がよくなる「そうじ力」 (王様文庫)

 

運が良くなる掃除のポイント5つ

1.換気する

2.捨てる

3.汚れを取る

4.整理整頓

5.炒め塩

 

1.換気について

会社も自宅もまずは入ったらとにかく換気をしましょう。

会社や自宅に溜まったマイナスのエネルギーを外に出すという意味です。

冬はなかなかこれが大変ですが、慣れると寒い冬でも換気できるようになります。

 

2.捨てることについて

古いもの、不必要な物はそれにマイナスエネルギーがあるので捨てましょう。

私は、衣替えの時にその1シーズンで着なかった洋服は捨てるようにしています。

 

3.汚れを取ることについて

汚れを取る作業をしていると、無心になり、気がついたら心の汚れも取れますよ。

これは汚れを取ることに集中したら1つの瞑想と同じような状況になっているような気がしています。

 

4.整理整頓について

整理整頓というのは、モノをあるべきところに「ある」状態にすることです。

 

5.炒り塩について

フライパンでカラカラに炒った塩のことを「炒り塩(いりじお)」と言うのだそうです。

それを部屋に撒いて掃除をするとマイナスエネルギーが取り除かれます。と書かれていました。

 

三日坊主掃除プログラムでは

「捨てる」「汚れ取り」「整理整頓」は分けていいよ。

時間が取れる週末などに集中して掃除をしたらいいよ!という私にとってステキなアドバイスがありました。

 

時間が有るときは集中的にお掃除(と言っても一般的な主婦の方がされていらっしゃるお掃除のレベルかと思いますが・・・)をしようと。

 

平日の慌ただしい毎日に。

夜遅く帰ってくる事もあります。

そんな時は、「掃除」という文字は頭を過るのですが、整理整頓や汚れ取りをする体力も気力も残っていない事も。

ただ、必要じゃないものを捨てるという事は出来そう!

捨てる事も大事な掃除の1つならばそれをしてみよう!!

 

 

あと、掃除をするときに「ありがとう」と心のなかでつぶやきながら掃除をしましょうと言うアドバイスもありました。

これは私も斉藤亮完先生に言われて実行していることなのです。

以前は「なんで私が部屋を掃除しなくちゃいけないの?」「あーあ。また掃除か・・・。誰が(って自分なのですが)この部屋こんなに汚くしたんだろう。」なんてブルーな気持ちになりながら掃除機をあてたりしていました。

 

そういう風に掃除をすると、ブルーな気持ちやマイナスな気持ちも部屋に充満するというのです。

せっかく掃除をするならば。

もし、家族の方が、旦那様が、子供が部屋を汚していたとしても。

ぶつぶつ言うより、ウキウキしながら、ありがとうといいながら掃除をしたほうが気持ちいいよ!って。

実際にそうなのです。

気持ち良い状態で掃除をすると、掃除が終わった時になんか爽快な気持ちになるのです。

 

まずは1日1個所1掃除。

これを心がけていきたいと思います。

 

1日1善1ゴミ拾い

地球を綺麗に!

ということで(なかなかイエローハットの影山さんのようにはなれないのですが)道でゴミを見つけたら1日1善1拾いを実行中です。

 

最近公共の場にゴミ箱がすごく少なくなっているのでかなり公共の場のゴミ拾いはしづらいのですが、それでも今でもチャレンジしています。

 

なんとなくなのですが、この公共の場のゴミ拾いは

「私の知らない人に見返りのない幸せのおすそ分け」のような気がして、なんとなくウキウキしちゃうんです。

 

まずは自分の出来ることからの掃除をはじめてみませんか?

 

これを書いている人:そーしゃるうぇぶ女王@おけまり

女性経営者として、女性として、必要な本を1日1冊読み、3分でわかるようにブログを書いています。

そしてその本が20倍理解できる講座も随時開始しています。あなたの街でも講座開催させていただきますので、お気軽にお連絡下さい。

セレブママ社長と貧乏ママ社長メルマガでは、読んだ本の中から特にオススメの本を抜粋し、ノウハウを伝えています。

セレブママ社長と貧乏ママ社長の購読申し込みはこちら

夢は、自分らしく働きながらマザーテレサのような愛を育てる頑張らないママ経営者のスタイルを全国に伝える事。
地方のママ起業家サポートを通じ、日本に1日1食食べたくても食べる事ができない家庭をなくすこと。
趣味は飛行機に乗ったり、空港を探検したり、地方のグルメブックでは紹介していないようなち穴場のお店を見つけて日本の素晴らしさを紹介をすること。
セミナー講師のご依頼、ご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。地方や、商工会議所のご依頼は特に喜んでお引き受けさせていただきます。