読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書嫌いな女性起業家が読書女子になった3分でわかる読書記録ノート

経営者、社長が経営がうまくいく経営バイブル本のダイジェスト版でご紹介

あの社長がやっていた凄い人脈作り。間違ったビジネス交友関係の発想していませんか?

あの社長がやっていた凄い人脈作り。間違ったビジネス交友関係の発想していませんか?

経営者になると色々なビジネス交流会に誘われます。

今までそんなお誘いも来なかった私に声をかけてくれるのはありがたいな。と思い、交流会にお誘いを受けるままに、時間の許すかぎり参加をしていました。

 

f:id:okmari:20160601131533j:plain

 

そんなビジネス交流会、マッチング交流会に参加しても

私は一向にビジネスにつながらない。そういう人脈は出来なかったのです。

 

でも、その交流会の中で、ちゃんと仕事をいただいたり、人脈を築けている人も確かにいます。

 

人脈が出来る人と人脈が出来ない人との違いはなんだろう?

とそこがずっとわからなかった時に執事に学ぶ 極上の人脈―世界の大富豪が、あなたの味方になる方法―この本に出会い、読みました。

 

私が「凄い人脈つくり」を作っていくために一番間違っていたこと。

それは

印象に残る30秒の自己紹介ができていなかった

これかと。

 

「はい!自己紹介して下さい。」と言われ、すごく緊張して。

引きつった笑顔に、会社名と名前、会社の場所、している仕事を早口で言い、おしまい。

 

一方、人脈を作るのが上手な人は

「うわ!あの人と喋ってみたい!お話きかせて欲しい!」と思わせるような自己紹介なのです。

 

人脈創りに欠かせない印象に残る自己紹介とは?

では、印象に残る自己紹介とはなんだろう?

それは、自分の夢ややりたいことを世界レベルにまで広げて笑顔で伝えることができる自己紹介30秒トーク。

 

そして場所によりけり、60秒自己紹介トークも作っておいたほうがいいです。

 

キーワードだけ紙に書いて、何回も30秒自己紹介トークと60秒自己紹介トークを練習します。

やっぱり、自己紹介トークを練習する。

これに限ります。

 

名刺交換をした後は、メールや葉書などを送るというこまめな行動をしている人は好印象です。

最近はフェイスブックなどのSNSもあるので私は出来る限り「フェイスブックでご縁をつながらせてもらってもいいですか?」と言うゆるい繋がりを作っておくことを意識しています。

 

人脈作りにかかせないのは距離を縮める「逢う」という行為

自分が「あ!この人いいな。」と思ったら、その直感を信じ、次に逢う機会をその時に作るようにしてください。できるだけその日に。

 

次に逢う理由を作る3つのポイントを紹介します。

1.話を途中で切り上げる

2.宿題をもらう

3.何か誘うor何かを依頼する

 

そして会いたい人にはお金と時間をかけてでも会いに行くという事を薦めていたし、本当に私もそうだと思います。

 

違和感を感じる未知の世界に思わぬ極上の人脈があるかも

そして、自分が違和感を感じるレベルの違う交流会に参加するのも思わぬ人脈が出来ることがあるからオススメだそうです。

 

私はここが一番私に必要だったのかもしれません。

人脈は、自分とは同じか、立場がそれ以下の人と通常繋がります。

極上の人脈。この本のように大富豪の方や大社長とご縁を作ろうと思ったら、今の人脈ではない世界に飛び込む勇気が必要です。

 

そして見返りを求めず、おもてなしをする。

見返りは期待しなかったら1/10ぐらい返ってくるぐらいです。

福利で返ってくるので、自分ができることは喜んで与えたりおもてなしをしたりしましょう。

面倒なことは率先的にしましょう。

そうふるとふとした時に、あなたが本当に人脈が必要なときに、助けてくれる人が現れます。

 

それはもしかしたら身近な人なのかもしれません。

それが人脈です。

 

また、

自分のホームグラウンドでおもてなしをするのも効果的だと。

 

私は気に入った人は、地元でグルメツアーや観光にお連れしています。

ガイドブックに載っていない所を紹介させていただきます。

 

去年は大阪で吉本新喜劇を生で見ましょう!とすごいコンサルタントさんに伝えると喜んでわざわざ関東からお越し下さいました。

「僕、人生でこんなに笑ったの初めて!」

とおっしゃっていただきました。

 

そして、その後、彼は奥様を吉本新喜劇へ一緒に行ったそうです。

 

本当に私はこの時、そうなるなんて思っても見なかったのです。

仕事ばかりで大阪に出張もつまらないと勝手に考えた私が伝えたオファー。

全く持って見返りはなかった。

今、その方とも仲良くさせていただいております。

こういうことの小さな積み重ねが

いつか私にとっての極上の人脈に繋がるんだろうな、と思いました。

 

あの社長もやっている凄い人脈作りのコツは、

見返りをもとめないおもてなしの心と感謝の気持ちを忘れないこと。でした。

執事に学ぶ 極上の人脈―世界の大富豪が、あなたの味方になる方法―

執事に学ぶ 極上の人脈―世界の大富豪が、あなたの味方になる方法―